メニュー

学校概要学科紹介行事入試関係中学生体験入学進路関係部活動学校いじめ防止基本方針事務室より図書室より保健室よりPTAより同窓会より緊急時緊急連絡学校への提言ボックス学校評価学校版環境ISO神山キャンパス農産物販売農業教育学会その他阿波藍について阿波和三盆糖について地域に学ぶ活動学校農業クラブ徳島県連盟エシカル消費

カウンタ

COUNTER599080

携帯サイト


 

活動の記録(バイオ研究)

活動の記録(バイオ研究)
2016/03/31

バイオ部の活動紹介

| by:josei-46

①ユリの花器官培養

 ユリの花弁、子房、雄しべ(花糸)、雌しべ(花柱)の4つを切り分け、MS培地に無菌培養しました。ユリには、どの植物組織にも分化全能性が備わっています。2~3カ月後には、それぞれの花器官から、リン片(やがて球根になる)が出来上がりました。

  

 写真:ユリのつぼみを消毒液に漬けている 

   


 写真:つぼみから、雄しべ、雌しべ、子房、花弁を取り出す 

  

 

 写真:左:花糸(雄しべ) 中央:花弁  右:子房 (茶色の部分が花器官、緑の部分が再生した組織)

 


②シンビジウムの茎頂培養

 4月、シンビジウムの新芽が出てきた頃に行いました。球根についた新芽をナイフで切り取りました。十分に殺菌消毒した後、MS培地に植えました。結果は、20本中3本の試験管で成功しました。


 写真:シンビジウムの茎頂培養

 


③セッコクの無菌播種

 ハイポネックスバナナ培地に、次亜塩素酸ナトリウムで消毒したセッコクの種子を散布しました。さやは、アルコール及び火炎殺菌により、滅菌した後、舟形に切り開き、種子をこぼさないように取り出しました。発芽率は8割ほどでした。

 写真:セッコクの発芽の様子

 


④ケイトウのインビトロフラワー

 消毒したケイトウの種子を無菌培地にまきました。培地の濃度は通常の1/2~1/3倍ほどに薄めたものを使用しました。8月~9月に、試験管300本に無菌播種をし、発芽したものが200本ほど、11月~3月にかけて開花したものは150本ほどでした。そのうち見栄えの良いものも50本ほどできましたので、来年の耕心祭では、販売に向けて増産していきたいと思います。


 写真:ケイトウのインビトロフラワー

 
12:07