メニュー

学校概要学科紹介行事入試関係中学生体験入学進路関係部活動学校いじめ防止基本方針事務室より図書室より保健室よりPTAより同窓会より緊急時緊急連絡学校への提言ボックス学校評価学校版環境ISO神山キャンパス農産物販売農業教育学会その他阿波藍について阿波和三盆糖について地域に学ぶ活動学校農業クラブ徳島県連盟エシカル消費

カウンタ

COUNTER621266

携帯サイト


 

柔道

柔道
2013/02/03

柔道部紹介

| by:josei-27

顧 問 川西 和男  副顧問 草本 俊寿
部 長 宮原 尚太
部員数 男子 3名 女子 1名 計4名


 

2012年4月、私たち柔道部顧問に、本校柔道部OBでもある川西先生をお迎えしスタートしました。
 当初は私(宮原)と川西先生とのマンツーマンの練習でした。20年ぶりに高校時代の柔道着に袖を通したという先生との練習は、思い出深いものとなりました。川西先生は、「昔取った杵柄」と、当初は衰えを感じさせない動きでしたが、アラフォーパワーは捻挫と共に急速に衰え、両足首サポーター姿での練習は痛々しいものがあります。(笑)
 残念ながら私は1年生の時のように、四国大会へ出場することは出来ませんでしたが、柔道で流した汗は、今となっては良い思い出となっています。
 そんな中、1年生の浦松さんは大活躍の1年となりました。認定代表という形ではありますが、全日本ジュニア体重別選手権四国予選や、全国高等学校総合体育大会へ出場するなど、徳島県代表として頑張ってくれました。この裏には、柔道人口の減少に伴い、エントリーされない階級があるという悲しい現実があります。これは徳島県に限っての話ではなく、全国的な現象となっています。 
 柔道の生みの親である嘉納治五郎「精力善用 自他共栄」という柔道スピリッツを日本から世界へ広めました。それから約80年。現在、外国人選手に押され、金メダルが取れなくなった日本柔道。この現状が全てを物語っているように思います。
 
 初心者大歓迎!一人でも多くの部員で、城西柔道を盛り上げていって欲しいです!


17:03